この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
凄絶なる大乱交!凄いのは恥堕の宴、13人が獣のように乱れ抱き合う。目の眩むような美女達が結集!!OL、看護婦、お嬢様、ホステス、大学生…そして人妻!





脳が弱い娘・里子は両親が自殺したため温泉旅館の主人・安西に引き取られた。ある日、番頭の松男が里子の処女を無理やり奪った。次の夜も番頭は里子の部屋に現われた。使用人の正造は里子を不憫に思い、一緒に東京に逃げようと誘う。そんな中、正造は旅館の金を盗み、誤って松男を殺してしまう。彼は死体を埋めそのまま東京へ逃げた。一人残された里子は安西の異常な責めを受け…。





民営化なんてクソくらえ!今年も走るぞ“チカン”電車!!インポの館主松五郎が営むお客の入りの悪い小さな映画館を舞台に巻き起こる、人間エロドラマ。





倉田は母と妹の康子を故郷に残し、出稼ぎ人夫として工事現場で働いていた。康子はレイプされたショックで病気になり、寝たきりの身だった。倉田の愉しみはアパートで裏ビデオを見ることくらいだった。そんなある日、倉田の許に康子の死の報せが届く。悲しみに暮れ、酒に溺れた彼は一軒の怪しげなスナックへ入った。そこでは康子に瓜二つの桃子がホステスとして体を売っていた。





未幸と勇治の夫婦は小さな印刷所を経営している。従業員は若い晃一人だったが、工場は不景気で彼への給料も遅れがちだった。借金も払えぬままに溜まるばかりだ。困り果てた勇治は一万円の偽札を作る気に…。





邦夫はホテルで初めて容子を抱いた。それ以来彼女が忘れられず勤務先の雑誌社に度々電話したが、なかなか連絡が取れなかった。彼女は作家の玉井が原稿が遅れているので、ホテルに缶詰めにしていたのだ。ようやく逢う約束をして新宿・歌舞伎町のカフェバーで待つことになったが、歌舞伎町には苦い思い出がたくさんあった。何年か前にその頃好きだった由美子が目の前で根本に犯されながら何もできなかった…。





 X 閉じる